S-Proxyサービス概要

ご利用までの主な設定作業

簡単3STEP(管理者様の作業)

  1. ①アクセスを許可する…webシステムのホワイトリスト登録
    ホワイトリストの設定
  2. ②利用を許可する…端末・ユーザー情報の登録
    デバイス管理
  3. ③証明書を送付する…アクセスを許可する
    • 管理者様
      管理画面からメールを送信
    • ユーザー
      メールにて送られてきたURLから
      証明書をインストール

S-Proxyの全体構成図

連携ブラウザ

SecuredBrowser連携で
さらなるセキュリティを担保!
CLOMO Secured Browserのみ連携ブラウザを限定することで、他のブラウザアプリからなりすましアクセスを防ぐ事が可能です。またSecured Browserの機能を使用する事で、閲覧したファイルを他のアプリ保存することを禁止したり、キャッシュ保持制限をかけたりと、より強固なセキュリティを実現することが可能です。
アプリの操作ログや閲覧履歴が取得でき、万が一の際の証跡管理も可能です。
※CLOMO Secured Browserは、(株)アイキューブドシステムズの製品です。

こんなご要件にも!

スマートデバイスからのクラウドアクセスも、社内同様IP制御できたら楽なのになぁ…

S-ProxyをクラウドサービスへのIP制御専用に提供
※エージェントサーバをパブリッククラウドの環境でご提供する場合は、別途お見積りいたします。